mihara のすべての投稿

森の「力」

ナイター照明の工事などで、夏のスキー場に行くと・・・

夏のスキー場はこんなににも気持ちが良いものかと思うことが多々ある。 工事の打ち合わせはそっちのけで、大きな深呼吸を何度もしてしまう。

「たまにはこういう所での仕事も良いものだ」 と思っていたが、どうもそうではない。 晴れていれば当然だが、曇っていても、小雨がぱらついていても気持ちが良い。 缶コーヒーがやたらに美味い。 頭の片隅に思っていたが、下記の記事を読んで納得した。

あぁ! 確かに! その通りだ!!

以下 JAPAN FORBES 掲載の 小林キユウさんの記事 
「カフェと森から得られる、社会的ストレスに苦しむ人への効果 」

僕の知り合いに、カフェのテラス席で、コーヒー飲んでいると、不思議といいアイデアが浮かんでくる、という人がいます。日常を離れることによって、ものごとを客観視し、クリエイティヴィティさえ高めることさえあります。

最近こんな本を読みました。

「NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる」(フローレンス・ウィリアムズ著、NHK出版)。これを読むと、カフェ以上に森の中で過ごすことは、ストレス対策や脳にいいらしい。

「自然の中で一人で過ごすことは精神的に疲労した人や社会的ストレスに苦しむ人に特に効果がある」。ある心理学者は「賭けてもいい。自然に囲まれていれば前頭前野に負荷がかかることなどありえない」。またカナダのトロントでは都会の森に70億ドルの価値があるといいます。論文によると、自宅周辺に樹木が密に生えているほど、住民の心臓病や代謝疾患の罹患率が低くなるそうです。

以上を踏まえ、以下は僕個人の体験からくる考えになります。

前半で書いたカフェ効果、そして、森の効果。この二つを一挙両得で手に入れてしまえるのが、森の中のキャンピングトレイラーではないかと思っています。窓の外は森だけで日常を感じさせるものは見えない。もちろん、ラップの箱も見えない、というかそもそも置いてない。

ここでひとり、コーヒーを飲んでいると、自分が何にも縛られないニュートラルな存在になれるのを実感します。今までにない視点から、素の自分を眺め、都会での仕事のことも客観的に捉えられる。東京では思いもつかないアイデアが浮かんできたことが何度もありました。

日が暮れてきました。電気でなく、キャンドルを灯します。

本にはこんなことも書かれていました。

フランスの哲学者ガストン・バシュラールはこう言っています。

「火は『哲学』を生む」

僕のキャンピングトレーラーには電気がありません。ランプの灯りはブルーライトの対極かもしれません。

今、その小さな光でこの原稿を書いています。だから、今回は少し哲学的な、内省的な内容になってしまったのかもしれません。

スキー場の価値は無限大。 夏のフィールドそのものが価値がある

特別なことは何にも無くても良い。 美味しい珈琲と座り心地の良い椅子とテーブルさえあれば。 少し大き目な日除けのパラソルがあれば言う事な無い。

足を投げ出して、ただ目の前に広がる景色を眺めながら、時間をやり過ごす。 きっと満足する時間になることに違いない。

白馬五竜 第2期工事 完了

五竜のナイター照明LED化計画の 第2期工事完了。  今回はコース左側のエリアのLED化工事。  これに伴い色々な角度から検証を実施した。

ナイターゲレンデをもっと楽しく、もっと価値あるものに。そんな思いがあり、カラー照明、演出照明等を考えたが、パークアイテムを新設し、コース内の演出は無し。そのかわり、ナイター照明の照射範囲を拡張することにした。  左側のコースに照明を増灯すれば、人の流れも変わると予想した。人の流れがバラければ、滑走者がコースを広く使えることになり快適に滑ることが出来る。また、衝突の事故の危険性も低減する。

なかなか良い感じに仕上がりました。 残りが右側下部を残すのみ。  完成までもう一息です。

カメラの露出の違いがあるが、格段に明るくなった。  特に中腹の左側に入るコースの照明を増灯しパークアイテムを設置。 

最後の角度調整作業が仕上りの完成度を上げる

今回の照明設計は2種類の配光角度の組み合わせで構成した。
消費電力560W 69,000lmの器具をチョイス。

照射角度は17度と45度の組み合わせ。ポール間の距離が離れている場所、ポールの高さが低い場所、照射範囲を広げたい場所等いくつかの条件を把握し設計した。 全て同じ角度では光が筋状になるか光が広がり過ぎて暗く感じるかのどちらかになる。 この器具は上部と下部を違う照射角度設定が出来る。これにより、左右と上下の角度調整の照射距離や範囲の調整も現場で出来るのが最大のメリット。

予想通り、角度調整には想定以上の時間を費やしたが仕上りは良く出来た。 

しかし課題もある。  器具を固定するボルトの位置で、左右に振る方向に制限が出てきてしまう。  もう少し下の方向に向けたいけどそれが出来ない。  取付け方法を現場で確認し、設置作業時にこのことに気が付いていれば、寒空の中の作業がもう少し楽になるだろう。

工事監理も仕上がりに大きな差が出る。

これが、スキー場のLED化の難しいところであり、楽しいところでもある。

野沢温泉スキー場 日陰ゲレンデのLED化 完了

野沢温泉スキー場 日陰ゲレンデ

ピスラボ(サマーゲレンデ)のLED化工事が完了。

このゲレンデは、起伏があまりないので、2種類の配光と取付位置を工夫することをベースに照明設計を行った。

ピスラボまでの照射距離が長いため、照度は若干低くなるが、明るさ感は出ると予想。色温度も統一し、ポール練習する際のフラグの色がハッキリ鮮明に見えるとふんだ。

ピスラボの照明柱よりの端(A)と反対側の端(B)の照度は、(A)は200ルクス前後、(B)が50ルクス前後。

4倍の差があるが、明るさ感は同じくらいに見える。

滑走者から見れば、光りムラもなく、とても滑りやすい環境になったとの評価を頂いた。

デュアルレースも出来る環境に仕上がりました。

2018年度ナイター照明LED化着工

古い器具の撤去が終わり、いよいよ取付工事が始まります。

将来のオリンピック選手を目指して、最高のコンディションでポール練習が出来るように、照度をアップと滑走ライン上の光りムラが出ないことを目標に取り組む。夏と冬の滑走面の高さが変わる為、光の方向と角度調整がどの程度適応効果があるのかが興味深いところ。

実際に滑ってみればわかることだから。 ちょっと楽しみです。

 

照明器具のLED化

ナイトジップライン実験

今回は、ナイトジップラインの照明実験を行ってきた。

減速用のパラシュートの様なものを背中に広げながら滑走するスタイル。

その滑空者を後ろから「ライトアップ」するという試み。

 

問題は、通常のスポットライトでは、まわりにも光が散らばる為、単に明るく照らされるだけで、演出性も意外性も驚きもない。

だから、指向性のあるレンズを作り、照射範囲を極めて狭く限定する。

これで、まわりに光が漏れる事が無く、滑空者だけを光が追従出来る仕掛けだ。

 

実験では、想像がついたが、実際には、滑空者の体重によりワイヤーのたるみ幅が出来る。

そこを照明設計でカバーできれば完璧なのだが。

調光実験

調光器の老舗メーカー「ルートロン」さんにお邪魔し、調光実験を行ってきました。

調光対応の電源ドライバーに乗せ換えて、調光がスムーズに行われるか。の実験

その1

電源メーカーM社の場合

200Vの電源ドライバーの為、アップトランスをかませて、点灯試験

調光はスムーズに動いたが、制御が逆の動きをする。照明を明るくしたい時スイッチのボリュームを開ければ暗くなり、ボリュームを絞れば明るくなる。 実際の調光スイッチの動きとは逆になることで操作性は悪くなる。

その2

電源メーカーI社の場合

電源ドライバーは100V〜240Vまで対応の為、一般コンセントからの電源供給が可能。 これは、現場での施工性も良くなり、汎用性も高くなる。

調光の動きはM社同様スムーズであり、制御も調光スイッチの指示に同調する。 使い勝手は良い。

 

実験した場所は、ルートロン社の実験ルーム。  様々な調光の組み合わせが可能。

課題

通常PWM信号の制御方式では、最長500メートル程度の距離の範囲で調光が可能。

今回の現場は、約800メートルの距離の範囲で調光する。その為、動作確認は、現場にて実際の距離で行う必要がある。

秋に現場が竣工した後に、800メートルの信号線で実験予定。

結果は、あらためてレポートする。

ワーキングスペース&リビングラウンジスペース

ゲレンデに来たのだからトコトン遊ぶ。

今も昔も変わらないかもしれない。  ただ、 天気の悪い時はテンションも下がる。

そんな時、ネットがつながる環境に移動して、靴を脱いで、珈琲を飲みながら、雪が降る窓の外を眺めながらの時間を過ごすのも良いのではないだろうか。

仲の良い友人を雪山に連れ出すのも悪くはない。

スキー、スノボをやらない人も、一緒に雪山へ。

 

 

アウトドアリビング

アウトドアリビングがゲレンデにあったなら、あなたは使ってみたいと思いますか?

こんな質問を、アンケートで実施してみた。

反響は予想以上に多く、滑るだけではない別の楽しみ方があれば、それはそれで、受け入れると思う。

そんな結果が出た。

 

 

 

 

 

 

天気の良い時には、外で珈琲を飲んだり、食事を楽しんだりも出来る。

ちょっとした、新しいサービスが、予想以上の満足効果を上げることに違いない。

 

白馬47 割引クーポン

白馬おびなたの湯

https://onsen.nifty.com/hakuba-onsen/onsen002239/coupon/

 

白馬八方温泉 八方の湯

https://onsen.nifty.com/hakuba-onsen/onsen002242/coupon/

 

白馬みみずくの湯

https://onsen.nifty.com/hakuba-onsen/onsen002240/coupon/

 

白馬郷の湯

https://onsen.nifty.com/hakuba-onsen/onsen002241/coupon/

 

白馬十郎の湯

http://mall.hakubamura.net/juro/waribiki.htm

 

白馬五竜 温泉、お土産、食事 まとめてクーポン

https://www.travex.co.jp/option/goryu_coupon2.html

スキー未来会議参加してきました。

第3回スキー未来会議

皆川賢太郎さんがこれからのスキー選手の育成やスキー業界の世界動向、日本のスキー業界の課題や今後について語って頂きました。

その後、

楽天株式会社より、楽天野球団の取り組み キャッシュレス決済の普及、ファンクラブの楽天ID連携、アプリAtEaglesの活用法、楽天の最新技術を用いたチーム強化。

株式会社ユーフォリアより、IT技術を利用したスポーツ選手の怪我予防の取り組み。ラグビー日本代表躍進の裏側にはIT技術管理があった。あらゆるスポーツのデータ化等を事業軸とした取り組みから、スポーツ領域以外への適用や特に高齢者の怪我予防や健康管理にも応用。

ITジャーナリストからはAppleWatchの技術と活用例を

3人のコメンテーターと皆川賢太郎さんとのディスカッションを行いました。

最後は、懇親会。

楽しい有意義な時間を頂きましたこと、感謝します。

次回は、5月の予定だそうです。

スキー場LED照明 新型機照射実験

前回、新型機を1台設置してみたがどうも広がりイメージがつかない。また、グレア(眩しさ)も気になる。

ということで、雪が消える前に4灯設置して照射実験しました。



従来品NV2000より、ひかりの「エッジ」がなくなり、きれいに照射されることがわかった。

配光角度の設計は必要だが、70メートルで約50ルクス。


距離も明るさも十分。照射方向もセパレートになり、上下で方向を調整することが出来るのも嬉しい。

来年度の設置が楽しみである。

 

新商品の導入試験

ノルン水上スキー場(群馬)白馬五竜スキー場(長野)で導入したLED照明

新商品の発売に伴い、早速照射実験を行ってみた


左側が新商品

上下の角度調整がセパレートになった分、より効果的なライティング調整が可能となる。


メーカーさんの協力もあり、雪のあるシーズン中に現場で実験。

旧タイプ → 全光束64000ルーメン 520W  123lm/W

新タイプ → 全光束69000ルーメン 556W  124lm/W

配光角度の違いはあるものの、カタログデータ値はほほ同格。

設置してみると


第一印象は「眩しい」 これは目にささる。 (カタログには眩しさ低減と書いてあったのに・・・)

第二印象がは「明るい」照度は2割以上明るい。 (カタログ値は同等だったのに・・・) そしてひかりの「エッジ」が旧品より柔らかく、ひかりの境目がぼやけ上品である。

消費電力値は測定していないが、同じ場所に新旧を同時に設置していることから条件は一緒と考える。

あきらかに、新しい方が光の質も光量も優っている。現場でしかわからない、カタログデータ値。 これにはメーカーさんも苦笑い。

実験では、上段を17°配光、下段45°配光と分けてひかりの飛び方を検証した。

再実験がしたい

ここで見たくなるのが、1ポール4灯を全て新型にした場合、どの程度眩しくて、ひかりの重なりがどのくらいきれいになるかを検証したい。

新型器具のでの照明計画の精度を上げるためにも。

 

ひかりの影とカラーLED

フルカラーLED3台で、ひかりの影 を作ったり、雪に色を染めたり

ナイターゲレンデを魅力的に演出するために3台のフルカラーLEDを導入。

RGBで色の出る影を作る


色の原理を雪の上で再現すると意外ときれいに演出できる

ブルーとグリーン で シアン

ブルーとレッド で マゼンダ

レッドとグリーン で イエロー

影がインクジェットの色に変わります。影と影が重なると違う色も作れます。

RGB照明の設置位置と照射距離を工夫すれば、意外と楽しい演出になる。


 

五竜スキー場のLED照明の Before After

電圧変更や、ケーブルの架け替えなどの関係で、今年度のLED化範囲には制約がありました。

幸いにして、新旧の光源比較をゲレンデで確認出来た事は、今後の計画設計に大きな参考値になりました。


去年と今年、同じ場所で比較

 


上が水銀灯、下がLED。  照度は約2.5倍UP。

 

半分より下が来年度LED化予定

 


 

白馬五竜スキー場ナイター照明LED化完成

白馬五竜スキー場ナイター照明LED化完成

生憎の吹雪でしたが、白馬五竜スキー場のナイター照明が一部完成しました。

上部のみLED化。下部は水銀灯(メタルハライドランプ)の従来光源です。

交換前と交換後が確認できる貴重な現場です。

その違いを確かめて下さい。

滑りやすくなりました。

それにしても、電気屋さん、吹雪の中ありがとうございました。

DSC_1547

DSC_1548

 

DSC_1540

ゴンドラ使った夏山企画

サマーナイトツアー企画

夏場は子どもたちの遊び場のフィールドと変化する各スキー場

ここのスキー場の夏企画で、新たに夜にゴンドラを運行し森の中を歩けるようにしたいとの要望。

あれこれ考えた結果、

夜の探検マップを作ってガイド役のお兄さんと一緒に森の中に出かけよう

というもの。

試験運用し問題点を抽出し、次年度に向けて課題を整理する。

作成したマップには、ブラックライトに反応するインクで印刷したミッションが隠されている。

スキー場 夏企画

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックライトは各ゾーンの入口に設置してあり、人感センサーで点灯する仕組み。直前まで次のゾーンの入口がわからない。もちろん行く先の照明は点灯していないので真っ暗な「闇」

dsc_1556

 

 

 

 

 

 

センサーが反応すると手前のブラックライトに地図をかざしてミッションを確認。

スキー場夏企画 探検地図

 

 

 

 

 

 

 

数日間の試験運営だったが、子どもたちは喜んでくれたようです。

 

今年のナイター照明(ナイターLED照明)の設置工事終了

点灯試験終了

設置工事も無事終了し、点灯試験実施。

dsc_1016-1600x900

 

dsc_1013-1600x900

実際にリフトも稼働し、ノイズによるフリッカーも確認されなかった。

実際には稼働してみなければわからない事やトラブルも想定しなければならないが、まずは、全て順調。

この後は、ゲレンデオープン時に、もう一度電気工事店様に登場して頂き、照明器具の角度調整作業を実施して 全て完了 となります。

サイン照明

写真撮影スポットを意図的に作り SNS で拡散

 

せっかくスキーに来たのだから・・・

Facebook、LINEなどで写真をアップする人も多い。

写真映えして、拡散してもらえたら宣伝にもなる。一人でも多くの方に来場してもらうためにデザインしたサイン照明。

5月のすいせん祭りには黄色にします。

IMG_0208 IMG_0205